センター紹介

卒後臨床研修センター

平成16年4月に新たな臨床研修制度が施行され、初期臨床研修医を管理する新たな部門の設置が必要となりました。そこで平成16年1月、東京医科大学病院は卒後臨床研修センターを新設しました。
当初は、主に初期臨床研修医の研修システムなどの構築・管理を行っていましたが、現在はこれに後期臨床研修医の管理も加え、さらに幅を広げて病院職員や学生にも様々な教育を行う主管部署としての業務を担っています。
職域横断的な研修を行うことは、多職種間の相互理解を育み、お互い研鑽しあえる環境が形成されることになり、より良い病院環境の構築につながると考えています。
東京医科大学病院卒後臨床研修センターは、これからも教育環境を整え、邁進していきます。